脱炭素社会に向けたモデル企業育成事業

(令和6年度の公募は終了しました)

GXの推進に関する連携協定の締結

公益財団法人宮崎県産業振興機構とリコージャパン株式会社宮崎支社は、令和6年4月22日、宮崎県が進める「2050年ゼロカーボン社会づくり」の実現に向けて、県内製造業におけるGX(グリーントランスフォーメーション)の取組を促進することを目的に、連携協定を締結しました。

エネルギー使用状況の分析による温室効果ガス排出量の把握や施設の調査など、GXに関して高度な専門的知識及び技術を有しているリコージャパン株式会社と、中小企業の支援等を通じて、本県産業の振興と活力ある地域社会の形成に寄与することを目的とする当機構で、GXに関する取組を積極的かつ持続的に協力しながら進めてまいります。

左からリコージャパン株式会社宮崎支社長 岡田 哲也様、公益財団法人宮崎県産業振興機構 理事長 丸山 裕太郎

協定の名称

GXの推進に関する連携協定

連携事項

県が選定する企業(脱炭素推進モデル企業)に対し、次に掲げるGXに関する事項について連携して支援を行う。

(1)GHG(温室効果ガス)排出量の現状把握に関すること
(2)GHG排出量削減の目標設定及び計画の策定に関すること
(3)GX人材の育成に関すること
(4)その他、GXの推進に資すること

参考:関連リンク

 

更新日:2024/07/19担当:企業成長促進室
支援策のご案内